眼精疲労の辛い症状を改善|健やかな瞳を取り戻そう

サプリメント

目を大事にすること

老夫婦

目に良い栄養素

眼精疲労に効果のある栄養素といえばブルーベリーに含まれるアントシアニンですが、ほかにも目に効果を引き出してくれるものが亜鉛です。亜鉛は卵やレバーなどに含まれる栄養素で、摂取することで眼精疲労を予防し視神経の伝達のサポートを行なってくれるようになります。なので普段から卵を1日に1つだけでも食べる習慣をつけると目に良い栄養素を与えることができるようになります。最近では眼精疲労となってしまう人が多く、眼科でも目が疲れて目がかすんで見えたりぼやいて見えたりするなど、目の異常を訴える人が増えてきています。最近では画面を集中して見る時間が増えてきたことから目を長い時間利用するようになってきているためと考えられていますが、少しの時間だけでも画面から目を離して目を休ませることが大事です。

目の疲れでも油断大敵

眼精疲労はただ単に目が疲れているだけと思って油断していると、ほかにも体にいろんな症状が現れてくることにつながってしまい気をつけなければなりません。現代では大人に限らず子供にまで眼精疲労となってしまうこともあります。仕事や勉学だけに目を使うだけでなく、今の時代ではパソコンやスマートフォンからソーシャルネットワークやゲームに夢中になってしまい、目を酷使させてしまっていることが多くあります。そのように目を使いすぎることで眼精疲労となってしまい、吐き気やめまいなどのほか睡眠不足にもなってしまうこともあります。そしてあまりに目を酷使しすぎて体に症状が現れてもさらに目を使いすぎてしまうことで、実は失明につながる可能性も少なからずあるため注意が必要となります。