眼精疲労の辛い症状を改善|健やかな瞳を取り戻そう

サプリメント

最近増えている目の疲労

スーツの男性

肩こりや吐き気の症状

最近は目の疲れや痛みを訴える人が増えています。一日中パソコンに向かって仕事をしたり、スマホを見つめたりしているので目が疲れやすいと言われます。目を休めても症状が改善しない場合は眼精疲労の可能性があるので、眼科で診てもらう必要があります。眼精疲労と目の疲れは違うのです。眼精疲労の特徴は、放っておくと肩こりや吐き気、めまいなどの症状が出ることです。眼精疲労の原因として考えられるのは、近視や乱視や老眼です。特に多いのが40代半ばから急にすすむ老眼です。ピントを合わせようとして疲労が進むのです。またドライアイも原因となります。パソコンなどで目を使う人に多い症状で、眼球の表面が乾燥するのです。睡眠不足や不規則な生活も原因になるので、規則正しい生活をすることが大事です。

点眼でドライアイを解消

病院で眼精疲労と診断されたら治療をすることになりますが、そのためには原因を見つけることが重要になります。眼鏡やコンタクトレンズの視力矯正がずれている場合は、適切に調節する必要があります。これだけで症状が改善するケースがあります。その他の治療法では、ドライアイを解消するために目薬を使ったり、ビタミンB12剤などを点眼したりします。また目を温めたり冷やしたりを交互に行って血行をよくする治療法もあります。これは自宅などでもできますが、花粉症や目に炎症がある場合は医師の指示に従って行う必要があります。これからはますますディスプレイを見つめる環境が増加していくので、自分で予防する必要があります。例えば加湿器で目の乾燥を防ぐなどの対策を自主的に行っていく人が増えます。